ご出産について

里帰り出産

妊娠をしたら、まずどこで出産をするかを旦那さまやご家族で話し合いましょう。
産後は、育児だけでなく、思うように体が動かせない、小さい赤ちゃんを連れての買い物も大変...サポートしてくれる人が近くにいない時、ご実家で過ごすことにより精神的、心身的なサポートを受けることができます。
しかし時代とともに変わる育児の違いからご家族と衝突してしまったということも...
せっかくの里帰り出産が、自分や自分の親そして赤ちゃんにとって幸せなものになるよう、事前に自分の子育ての方針や、考えを伝え、話し合っておくことが大切です。
里帰り出産

一般的な里帰り出産の流れ

1.通院している産院に「里帰り出産をする」ことを伝える

今、通っている病院にも、早めに里帰り出産を伝えておきましょう。里帰り先の病院に渡す「紹介状」を書いてもらう必要があります。

2.里帰りをして出産する産院を決定する

地元の産院を決定したら、まずは電話をして、里帰り出産をしたい旨を伝えましょう。
そのときには、その時点での妊娠週数、出産予定日を聞かれますので、答えられるように、手元に母子手帳などを用意しておきます。

3.里帰り出産をする産院への初めての診察

遅くとも妊娠34週までに、一度診察を受けにいきましょう。ドクターとの相性や自分のバースプランと合うかの確認もしましょう。費用等の確認も一緒にしておくといいでしょう。

4.里帰り

最低でも2ヶ月ほどは家を空けることになるので、留守をしていてもご家族に不自由がないように、物のある場所やカードなどの置き場所、緊急連絡先を伝えておくなど準備をしましょう。また忘れ物がないようにしましょう。

当院でお願いしたいこと

里帰り出産をご希望の際には、まずお電話でご連絡ください。
できれば34週までに一度受診をお願いいたします。(後期のプレママパパクラスも受講できます)
健康保険証、母子手帳、妊婦健診等補助券(県外のかたは役所に使用可否をお尋ねください)、通院中の産院からの紹介状をお持ちください。
途中から産院を代わる不安があると思いますが、スタッフ一同しっかりと関わっていきサポートしていきますのでご安心ください。お待ちしております。
病院選びの相談見学も受けております。お電話での予約をお願いいたします。