診療のご案内

女性泌尿器科

女性泌尿器科概要

泌尿器科は、女性にとってとても受診しづらい診療科ですが、ほとんどの女性が幾度も経験したり、誰にも言えず一人悩んでいる疾患が多いのも事実です。
当院では、女性のプライバシーを重視し、配慮した診察を心がけております。
患者さまの本来の生活ができるように、サポートさせていただきます。
気になる症状がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
女性泌尿器科

女性泌尿器科の主な疾患

女性泌尿器科では以下のような疾患を扱っています。

尿失禁

30歳以降の女性の4人に1人が尿失禁の症状を持つと言われていますが、なかなか恥ずかしくて相談できないのが現状のようです。健やかに楽しい生活を送るために、ぜひご相談ください。
今は色々な方法があり「尿失禁は治る」と言われています。
尿失禁(尿漏れ)にもいろいろなタイプがあり、タイプによって治療方法も違います。
女性の尿失禁において主なものは以下のとおりです。

腹圧性尿失禁

咳やくしゃみなど、お腹に力が入ったときにもれてしまうタイプの尿失禁です。

切迫性尿失禁

急に尿がしたくなり、トイレに間に合わずにもれてしまうタイプの尿失禁です。

混合性尿失禁

腹圧性と切迫性の両方の症状がある場合を言います。

過活動膀胱

急に尿がしたくなったり、間に合わなかったりし、通常は頻尿と夜間頻尿を伴う状態です。

子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)

膣から膀胱・子宮・直腸などが下がってきて、下垂感、違和感、下腹部痛、排尿困難などが出現する病気です。

急性膀胱炎、腎盂腎炎

体力が落ちた時などに細菌が膀胱の中に入り込むために起こる膀胱の炎症です。
排尿時痛、頻尿、尿混濁、残尿感などの症状が出現します。
症状が進行してしまうと細菌が腎臓にまで入り込み、高い熱や腰部痛が出現します。

その他

気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

  • 健康診断で血尿を指摘された
  • 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石や腫瘍がある
  • 慢性骨盤痛症候群(明らかな原因がないのに下腹部に痛みがある)
  • 女性性機能障害(セックスに全く、もしくはほとんど興味がない。性欲が減少している。など)
  • 性感染症