当院について

医師・スタッフ紹介

医師紹介

院長 河田高伸
院長 河田高伸
当院の方針は、「安心、正しい医療」です。だれでも簡単にインターネットで情報を得られる時代ですが、そこには誤った情報もあり、しばし混乱することもあります。女性の心身は、思春期、妊娠、出産、更年期とダイナミックに変化し、その時期で身体症状が異なります。
どんな些細なことでも構いませんので、どうぞご遠慮なくご相談ください。その方にあった治療法を行ってまいります。
また、妊娠出産は、どの方にとっても不安であり、元気な赤ちゃんが生まれることを望んでいます。「はじめてでも安心して出産できるように」をコンセプトで、当院では妊娠から出産まで責任をもってお手伝いをさせていただきます。勤務医時代に、多くのハイリスク妊娠・分娩に立ち会ってまいりました。その経験を生かし、不安を取り除く力になれればと思っております。子育ての質問からおっぱいのケアまで十分にご相談いただける時間をもうけています。出産は、人生においてかけがえのない経験です。当院での出産体験が良い思い出となって残りますよう、スタッフ一同、みなさまの立場で考え、行動させていただきます。

プロフィール[経歴]

1999年 金沢医科大学卒業
久留米大学産科婦人科学教室、熊本市立熊本市民病院、国立病院機構佐賀病院、久留米大学病院総合周産期母子医療センター産科医長を経て、2014年2月の河田産婦人科リニューアルと同時に院長に。

母体保護法指定医
日本産婦人科学会専門医
日本周産期・新生児医学会会員

趣味:スキー、映画鑑賞
院長 河田高伸
院長 河田高伸


理事長 河田栄人
理事長 河田栄人
高齢化に伴い、年々増加する女性の泌尿器科疾患(膀胱炎、尿失禁など)を担当しています。原則は火曜日、金曜日が診察日ですが、かかりつけ医としていつでもご相談をお受けします。

プロフィール[経歴]

久留米大学医学部卒業
久留米大学医学部泌尿器科学教室入局
1982年 久留米市梅満町に河田泌尿器科・産婦人科医院開業

医学博士、日本泌尿器科学会専門医
専門:女性泌尿器科担当

趣味:妻(河田 文子)と共に社交ダンス、スポーツ観戦(特に相撲、野球)
理事長 河田栄人


副院長 河田文子
副院長 河田文子
産婦人科医として49年目を迎えました。女性の寿命は延び、その生き方、生活は多様化し、労働力としての社会参加が求められる時代です。女性は明るく健康に美しく過ごしましょう。あなたのかかりつけ医としておそばにいます。

プロフィール[経歴]

東京女子医科大学卒業
久留米大学医学部産科婦人科学教室
1982年 久留米市梅満町に河田泌尿器科・産婦人科医院開業

医学博士
日本産婦人科学会専門医
母体保護法指定医

趣味:夫(河田 栄人)と共に社交ダンス
副院長 河田文子